ニキビを水でケアする

rf10

毎日どれくらいの水分を摂っていますか。

1日に必要な水分摂取量は1.5~2Lといわれています。ニキビで悩んでいる方は水分摂取量が不足していることがあります。水分を摂っているという方でも、飲んでいるのはジュースやコーヒーなどで水分摂取になっていないことがあるのです。
水分摂取量が少ないと血液の粘度が増して流れが悪くなります。血液の流れが悪くなると老廃物が蓄積して老廃物が肌に刺激を与えたり、細胞に十分な栄養を届けることができず肌の代謝が低下して、ニキビができやすくなります。
ジュースは糖分が多く、糖分を過剰に摂取すると皮脂分泌が促されます。コーヒー、紅茶、緑茶などには利尿作用があるため、尿の排泄量が増えて水分を摂取したことにはなりません。
ニキビ改善のために摂りたいのは水です。糖分を含んでいない純粋な水を飲みましょう。
特におすすめはマグネシウムやカルシウムを豊富に含んだ硬水です。ミネラルが肌代謝を高めてくれます。マグネシウムには便に水分を引き込んで柔らかくする働きがあるので、便通がよくなることも期待できます。便秘でニキビが悪化したことがある方もいると思いますが、便通がよくなることでニキビ改善が期待できます。
冷たい飲み物は体を冷やしてしまうので、常温の水か白湯を飲みましょう。

温かい飲み物は体温を上げて血液の巡りをよくしてくれます。一度に大量に飲むのではなく、1時間に1回コップ1杯程度をこまめに飲むようにしましょう。食事中は胃酸を薄めて消化の妨げになるので、食事中はたくさん水を飲まないようにします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ