はちみつパックでニキビケア

rf9

保湿作用が高い食べ物がはちみつです。ガサガサした唇のはちみつでパックをしておくと、唇がぷるんとします。そんなはちみつを使ったパックでニキビケアができます。
市販のフェイスパックがありますが、肌が荒れてしまった、ニキビが悪化したという経験がある方もいるのではないでしょうか。市販のパックを使用することで美容成分をたっぷりと肌に与えることができ、ニキビができにくい肌になることが期待できますが、パックには防腐剤なども使用されているので、そういった成分が肌の刺激になって肌荒れやニキビの悪化を招くことがあります。はちみつは食べられるものだし、添加物を使用していないので、比較的肌への刺激が少ないです。
はちみつパックをする前には、必ずパッチテストをしてください。天然のものとはいえ、人によっては肌荒れを起こす可能性があります。
洗顔後の肌に大さじ1杯のはちみつを塗ります。目に入らないように目の周りはできるだけ避けて塗りましょう。その上からラップをするとさらに効果的です。ラップには息ができるように、鼻と口の部分に穴を開けておいてください。その状態で5分間パックをします。終わったらはちみつを洗い流して、化粧水やクリームなどで普段のケアをします。
はちみつは非加熱のものを使用してください。スーパーで売られているものは加熱されています。非加熱のはちみつは通販で購入が可能です。
はちみつにはビタミン、ミネラル、オリゴ糖などが含まれており、食べてもニキビに働きかけてくれます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ