シンプル過ぎて男子並み

 

昔からそんなにお肌に気も手もかけていないタイプです。
わたしは女子ではないのか?と自分で思ってしまうくらい。
それはそもそも肌が強かったということと、そういう性格だったからでしょうか。
もし、とても気にして、とても高価なものでスキンケアをしていても
さほどかわらないかな?というくらい、きっと肌のトラブルと肌への関心がなかったのだと思います。

rf3
そんなわたしに、こだわりがあるとすれば、洗顔です。
別に高い石鹸をつかうというのでなく、自分の肌にあった固形の石鹸を選ぶようにしていました。
クリームは泡タイプの洗顔フォームは、肌を綺麗にする成分の他に別の成分が沢山混ざっているときいたので。
その石鹸を泡立てて丁寧に洗うようにして、きれいに流す。
本当はお水にもこだわりたいところですが、なかなか….
たまに気が向くと浄水器の飲む方でない分解して要らなくなったお水で洗顔。
コレは肌に良いと効いたので、たまに実践しています。
そして洗ってから突っ張るようでしたら化粧水のあとに
クリームを多めに塗る程度です。
突っ張る感じがないときはわざわざ塗らないです。
というか、わすれてしまうので…でも自分のお肌の持っている力を鍛えることも
大事だと思います。いろいろな化粧品に頼っていると、
それがなくてはどうにもならなくなってしまうとおもいます。
本来お肌は自分で整えようとする力を持っているものです。
自分の肌がどんな状態なのか、どうして荒れてしまったのかなど、
自分の肌のことを理解することのほうが大事だとおもいます。
結果、男子のようなスキンケアになっています。
誰の参考にもならないかもしれないです…..

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ