シミの原因は紫外線?美容液でどうにかなるの?それともレーザー治療?

シミができてしまって大変!と隠すために必死になっている、どうにか消せないかと思うのはみなさん同じですよね。

中にはシミばかり見られている気がしてくるとストレスを抱えてしまうこともあります。

解決法を知ることで気持ちも明るくなると思いますから参考にしてください。

 

シミが出来るメカニズム、メラニンって何?紫外線って何?

ohisama

メラニンとは、肌が紫外線をあびた時に作られる色素で、肌細胞がダメージを受けないようにする働きをしています。そのメラニンが長い間で蓄積してしまいできてしまうのがシミです。

メラニンは通常では作られても排出されていきます。

しかし、その働き「ターンオーバー」が弱まってしまう、うまく働かないことがあるのです。表皮の中にある角化細胞が紫外線を感じると反応して、色素細胞がメラニンを作り出すのですが、紫外線は真皮といわれる奥深い線維芽細胞まで届いていてしまうからです。

紫外線で真皮まで傷ついてしまいシミができてしまう、他には乾燥によるシワもこの紫外線が原因といわれているのです。

 

それほんとに対策できてる?セルフケアの間違いと正しい方法

 

できてしまったシミ、どんなケアをしていますか?シミに良いというケア商品を使用しているという方はご自分のシミがどんな種類かをよく知っていますか?

シミにはできてしまった原因と種類によりケアしても成果がまったくでないこともあります。1度できてしまうと、なかなかきれいなも元の状態にもどすことがむずかしいのです。

 

種類 症状と原因
老人性色素斑

 

紫外線が原因、おもに頬やこめかみなどにでき、平たんで数ミリから

数十ミリの大きさ、加齢により増えることも多くあります。

肝斑

 

おもにホルモンが影響しているとされ30代から40代に多い。

左右対称で頬や額、鼻の下などに出やすいと言われます。

そばかす

 

ちいさな斑点が鼻を中心に広がる。多くは遺伝など子供の頃からあり、成長すると増えたり、紫外線でより濃くなることもあります。
脂漏性角化症 イボ状に盛り上がった状態のシミで、角化が進み隆起してくるもので美白効果のお手入れでは改善が難しい。専門家によるレーザー治療など

 

この他にも摩擦黒皮症、花弁状色素斑などあります。わからない場合は皮膚科医に相談することをおすすめします。

 

おもに紫外線が原因のものに関しては紫外線対策をすること、刺激となる摩擦を避け、保湿を十分にすることが大切であるといえます。ターンオーバーを促進させるためにL-システイン、ビタミンなど成分にふくまれたケアも良いとされています。

 

肝斑はシミの中では完治が一番むずかしく、複数の症状が重なっていることもあります。

紫外線に当たり一気に悪化することもあり、ホルモンの影響が強いので内側、外側の両方からのケアが必要で皮膚科医など専門家にコントロールしてもらうのが良いでしょう。

 

脂漏性角化症は皮膚科医のもとでレーザー照射治療や炭酸ガスレーザーなどで角化した個所を削り取って治療します。美白効果の化粧品を使用してもよくなりません。

eiyou

それでもダメならお医者さんへ。病院でできる治療について

 

シミ取りしたいけど、どんな治療をするのか不安だと思いますが、クリニックで処方する外用薬での治療が可能です。美白化粧品では効果がでないという方は変えてみるのもいいと思います。また症状によっては薄くするために、お医者様しかできないレーザー治療やケミカルピーリングなどシミを漂白する治療もあるので相談してみて適切な診断で治療してもらうことができます、

できてしまったシミを取るのはその種類や症状により長期にわたることもあり、日頃からの予防が重要で、ちがいが出るのです。

 

シミが紫外線と関係しているのがお解かりいただけたと思います。今ではスキンケアに特化しているクリニックも増え、美容のためのケアでシミに効くとされる成分が開発研究で進んできました。ぜひ普段から予防とケアしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ