目元のシワは高い化粧品だけでは消えない?憎きシワを解消する方法

みなさん日頃から様々なスキンケアをとり入れて、お手入れされていると思います。けれどなかなか効果を実感できないことも・・・。

目元のシワにテーマを絞って詳しく調べましたので、あなたのケアと比べてみてください。

 

目尻に増えていくシワの恐怖!そもそもシワって皮膚がどうなって出来るの?

rf19

目元の皮膚はとても薄くデリケートです。さらに毛穴も少なく皮脂分泌も少ないため乾燥しやすい特徴があります。乾燥が原因で肌の保湿成分セラミドやコラーゲンの減少により、皮下組織のハリがなくなることやたるみがシワのもとになってしまいます。

 

また、目の周りにはまぶたを動かす表情筋の眼輪筋があります。この働きで笑顔になると目尻などに小ジワと呼ばれる細かいシワが、年齢を重ねると増えてしまい、しだいに深く表皮にきざまれてしまうのです。

 

外側から編 保湿と保護でシワを作らない!

乾燥が大きな原因とされるシワですが、保湿成分にこだわってみましょう。

コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドで肌内部の減少した成分を補うケアをしましょう。

角質層の奥の真皮にまで届ける保湿をすることで、内側からふっくらと水分や有効成分で潤うことがシワ予防につながります。

 

紫外線もシワをつくる原因の1つと言われていますので、日焼け対策は普段から万全にしておきましょう。

UVカット率の高い日焼け止めを使用し、普段のメイクのファンデーションや下地クリームなどにもUVカット成分が配合されたものを使用すると安心です。

 

目のまぶたなどにはメイクすることも多く、特にアイラインやシャドウーを落とすためにクレンジングを頻繁に使い、こすってメイクオフすることが多いです。

皮膚の薄いデリケートな目回りには、肌すべて同じクレンジングでは乾燥させてしまうことあります。成分のおだやかなアイメーク用のものを使用してください。

強い摩擦がすべての肌トラブルのもとになります。優しいタッチで目回りはケアすること

がポイントになります。ぜひ改善してみましょう

 

内側から編 質の良い生活とセルフマッサージ

 

普段どのくらい睡眠をとっていますか?良いとされる睡眠は6~7時間とされ、入眠して約3時間後に美肌ホルモンとされる成長ホルモンが分泌されます。肌のターンオーバーを促進し、バリア機能をアップさせるためには、質の良い睡眠が必要不可欠です。

起床時間から逆算して就寝するようにして、この働きを活用してください。

 

美肌のために特化した栄養を取ることも取り入れることも質の良い生活の1つです。

ビタミンやミネラルはもちろんタンパク質も肌のハリを保つためには重要です。

ですからバランスよく食べることは基本です。

 

「シワやシミによく効く食品」

rf20

:ビタミンC

アセロラ、赤ピーマン、キャベツ、海苔、

:タンパク質

卵白、フカヒレ、大豆、納豆、

:鉄分

ひじき、きくらげ、アサリ、

 

これらを合わせて摂ることで相乗効果を得て、体内でコラーゲンを効率よく作る働きが増します。他には、ビタミン類はかんきつ類や生野菜から毎日継続して摂ることがよいでしょう。

 

セルフマッサージをとり入れましょう。

パソコンの画面を長い間見ていると、眼精疲労などで、とても目が疲れることがありませんか?目を酷使すると血行も悪くなり、肌にも目にも良くないです。

簡単なツボを押すマッサージをすることで血行をよくすることが期待できます。

マッサージ前にアイクリームや乳液などを使いましょう。滑りが良くなり、肌に摩擦による負担がかかりません。

こめかみをひとさし指、中指の2本で回すように押します。気持ち良い程度の強さで3回程度で。

その後まぶたの上から眼球を撫ぜるように内側から外側へ3回流れるように引きます。

最後にこめかみから、目尻のシワを引きあげるように髪の生え際まで引き、10秒ほど止めてキープしてください。

目の疲れと小じわの両方に良いマッサージぜひ試してください。

 

毎日のケアと睡眠や食事に気をつけることで美肌効果が期待できます。あきらめない毎日の積み重ねがシワの目立たない明るい笑顔につながりますよ!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ