首にシワができて老けて見える!?首シワの解決策と予防法

rf21

首にシワがあると、実年齢より老けて見えてしまいます

顔よりも首のシワを見ればある程度の年齢が推測できると言われています。顔のシワの場合は、化粧品によってある程度年齢を隠すことはできますが、首のシワはそう簡単にはいきません。

一方、誰でも年齢を重ねていくうちに、顔と同じように首にもシワができるのは老化の一つの症状と思いがちですが、必ずしもそうとは言い切れません。首のシワはさまざまな原因によっておきますが二つの要因によって起こる悩ましい症状があります。

1 二重アゴ

首の筋力の衰えからくる二重アゴは見た目を気にされる方にとっては悩ましい症状です。

顔の表情を保つ筋肉である表情筋と首の下の鎖骨の筋肉である胸鎖乳突筋が衰えてできるたるみがあごに起きて二重あごになります。

2 光老化

毎日降り注がれる紫外線が肌に悪いことはよく知られていますが、この紫外線を長い間にわたって当たり続けると顔とか首にシワ・シミ・たるみが生じます。このことを光老化と呼びます。よく勘違いされるのは、夏の間だけの紫外線対策としての日焼け止めクリームなどのスキンケアで大丈夫だと思っていることです。紫外線は年間を通して降り注がれていますので、長期間にわたり皮膚にダメージを与えて深いシワをつくります。この蓄積された光老化が最悪の場合、皮膚がんなどを引き起こす可能性があります。

このように、年齢とは関係なく生じる首のシワを作らないためにも年間を通してのスキンケアは大切です。

 

首にできるシワの原因とは??

シワの原因を探る前に首のヒフとシワの特徴を理解しておいてください。

1 特徴

首にある皮膚が、からだの中の他の部位と明らかに違う点があります。まず、顔と比べて毛穴から汗が出る汗線の数が約2倍あり、肌が潤いやすいということです。一方、汗によってべたつきやすいということもあります。さらに、他の部位と比べて皮膚が薄く・たるみができやすいという特徴を持っています。このため、年齢を重ねると、大きな太いたるみジワと呼ばれるシワができるのです。

さらに、顔の場合は毎日のメイク・手入れを怠りませんが、首のケアは忘れがちであることも特徴です。

2 原因

年齢を重ねるという原因以外でおきるシワの原因と次にあげますので、参考にしてください。

乾燥が原因のシワ

首の皮膚の中に含まれるコラーゲン・エラスチンなど保湿成分は水分を保持する働きがありますので、肌が乾燥し水分がなくなくとコラーゲンも減少して皮膚を復元することができなくなり、肌のハリとか潤いが失われていまいます。その結果、首の皮膚がたるんでシワができることになります。夏などに汗をかいたままにして乾燥させると、汗とともに保湿成分が蒸発してシワができやすくなります。

睡眠不足によって、乾燥肌になることも原因の一つですので、注意が必要です。

紫外線が原因のシワ

光老化を起こす紫外線は首のシワには大敵です。首の皮膚が薄いために影響を受けやすいためです。さらに、紫外線はからだの中の活性酸素を増加させることによって、光老化を加速させますので、注意が必要です。

姿勢が悪くてできてしまうシワ

長期間に渡って、日常的に同じ姿勢ととる方には必ずシワができます。形状記憶のシワと呼ばれています。

特に、高い枕を使用している方・下を向くデスクワーク・の多い方と最近では「ながらスマホ」の方などは首に形状記憶シワができます。シワができた状態をさらに長く続けると深いシワに変わっていきます。ストレートネック・猫背の方も首にシワができやすい原因となります。

rf22

普段の生活で気をつけることは

首のシワを出来にくくするには、原因を取り除くことが第一です。シワができている方もできていない方も次のような予防・対策に取り組んでください。

徹底的な保湿と保温を行う

*保湿剤の使用

朝・入浴後・寝る前には必ず保湿クリーム、乳液・化粧水を使用して保湿してください。

*入浴時の首の洗い方は注意を

首の乾燥を防ぐために、入浴したときにボディソープなどで首をこすることは保湿成分のある首の薄い皮膚表面の皮脂膜をはがしますので、やめてください。手のひらでボディソープを柔らかく包むようになでて洗ってください。

*部屋の加湿を忘れずに

冬の時期の部屋の乾燥を防ぐために、加湿することを忘れないでください。

*冬のマフラー使用

首元が冷えると乾燥しやすので、冬の外出時にはますらーなどで首の保温を心がけてください。

マッサージを毎日行う

首のマッサージはクリームを使用して力を入れずになでるように行ってください。いろいろなマッサージ方法が考案されていますが、首に流れるリンパに沿うように行うことと、首の中央からリフトアップさせることを意識しましょう。

さらに首のシワは横方向にできますので、鎖骨の外に向かって行うことも忘れないでください。

ストレッチをマッサージに合わせて毎日行う

首のマッサージにあとに簡単な首の筋肉のストレッチを行ってください。

方法は、姿勢をよくしてゆっくりと下あごを突き出すようにあごを上にあげ、真上を見ながら息を吐いて5秒間止まります。

次に、息を吸って下唇を突き出し、息をはきながら5秒間行います。この動作を3回ほど繰り返してください。

枕の使い方を工夫する

枕を使用しないで寝るという方法もありますが、枕を肩にあてることで首をしっかりと支えるため、シワができにくいと言われていますので試してください。

紫外線対策を行う

外に出るときは、首、手と同じように日焼け止めクリームを首につけることは大切です。

日傘の活用も重要な対策の一つです。

日頃の首へのケアを続けることが、美容効果も含めて年齢を感じさせない首のシワを作りだします。ぜひ、顔と同じように美肌づくりに心がけてください。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ