鼻の下ニキビ!その予防法と対策とは?

rf25

 

鏡を見たときに、ふと鼻の下ニキビを発見したことはありませんか?

 

口元に近いこともあって目立つ鼻の下ニキビ、見つけただけで1日が憂鬱になる、という方も少なくないかと思います。

そんな鼻の下ニキビ、生活習慣やスキンケアを見直すことで改善できるかもしれないことをご存知でしょうか。
ここでは鼻の下ニキビができる原因と対策について見ていきましょう。

 

ホルモンバランスの乱れと鼻の下ニキビ

美容や健康に興味のある方なら一度は聞いたことがありそうな「ホルモンバランスの乱れ」。

「よく聞くけどどういうこと?」と思ったことはないでしょうか。

 

ホルモンとは体の色々な機能の調節を行っている物質で、私達の体の中には100種類以上のホルモンが存在しています。

そんな中でも鼻の下ニキビに関係しているのは男性ホルモンと女性ホルモン

それぞれのバランスが乱れることによって、鼻の下にニキビができやすい原因をつくっています。

 

では男性ホルモンと女性ホルモンが鼻の下ニキビにどんな影響を与えているのでしょうか。

 

男性ホルモン

大人ニキビの原因の多くは男性ホルモンの乱れと言われています。
特に口周り、ヒゲがはえる箇所にできているニキビは男性ホルモンの影響を受けていることがほとんどだそう。

「男性ホルモン」というと男性に分泌されるホルモンのようですがそうではありません。女性にも分泌されています。

 

では男性ホルモンはどんな時に乱れるのでしょうか。以下にあてはまる項目はありませんか?確認してみましょう。

・疲労
・ストレス
・睡眠不足
・偏った食生活
・運動不足
・過度なダイエット

このような生活習慣がある場合、男性ホルモンの乱れにより皮脂量が増えたり、皮膚が固くなってしまう可能性があります。

その結果毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。
毛穴が詰まることによって肌が炎症を起こしたり、菌の増殖を招いてしまいます。

女性ホルモン

女性ホルモンの中でも特に、「黄体ホルモン」の分泌量が増えると皮脂量が増えたり、皮膚が固くなってしまうと言われています。

黄体ホルモンの分泌量は排卵から生理前、生理中に増えると言われています。

その結果、生理前、生理中は肌荒れを起こしやすくなったり、鼻の下ニキビができやすくなってしまうのです。

 

ホルモンバランスを乱れさせる「自律神経」の不調

自律神経とホルモンバランスには密接な関係があります。
というのも、自律神経とホルモンバランスは「視床下部」という脳の同じ部分が調節しているからです。

どちらかの働きが乱れるとどちらかも乱れてしまう傾向があります。

 

自律神経が乱れる原因のひとつはストレスです。

ストレスによって自律神経が乱れてしまうと、ホルモン分泌の命令が卵巣へうまく行き届かず、ホルモンバランスが乱れます。

以下の症状がある方は自律神経が乱れているかもしれません。

・冷え性
・肩こり
・めまい
・下痢
・不安
・イライラ
・多汗

自律神経の乱れは鼻の下ニキビ以外にもさまざまな症状を引き起こす可能性があります。「ストレスによる不調を感じるようになった」という場合には、半身浴や温かいハーブティ、アロマの香りや軽い運動等、自分にあったリラックス方法を探してみるのがいいかもしれません。

 

鼻の下はどうしてニキビができやすいの?

鼻の下ニキビは大きくなりやすい、と感じたことはないでしょうか。
鼻の下には皮脂を分泌している皮脂腺が多く存在しています。

そのため過剰な皮脂が分泌されると毛穴に皮脂がつまり、ニキビができやすい原因となります。

 

生活習慣を見直してホルモンバランスを整えよう!

rf26

生活習慣の乱れやストレスが、ホルモンバランスの乱れにつながっていることはわかりました。
生活習慣を見直すことで、鼻の下ニキビを予防することができるとすれば、少しでも今の生活習慣を見直してみたいですよね。

「でも何から始めたらいいの?」という方は、以下から試してみてください。

・十分な睡眠をとる
できれば6時間以上の睡眠が望ましいです。

・食生活に気をつける
ビタミンを多く含む食品をとることで、鼻の下ニキビの予防となることがあります。
ビタミンには肌の新陳代謝を向上させたり、皮脂の過剰な分泌を抑えたり、ストレスを抑制する効果があります。
ビタミンにも種類がありますが、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEのそれぞれが、鼻の下ニキビに有効な働きをすると言われています。
また、皮脂を過剰に分泌させないため、加工食品などの脂っこい食べ物を控えることも重要です。

・肌を触りすぎない
鼻の下ニキビを触ることによって、手についている菌が毛穴を刺激してしまうことがあります。
また、既にニキビとなってしまっている場合、炎症ニキビに発展してしまう可能性もあるため、鼻の下を触ってしまうことは避けましょう。

 

鼻の下ニキビを改善するスキンケア

鼻の下には凹凸があり、洗い残しやすすぎ残しを起こしやすい箇所と言えます。洗顔をする際には洗い残し、すすぎ残しに気をつけましょう。
また、鼻の下は乾燥しやすい箇所でもあります。乾燥することによる余分な皮脂分泌を抑えるため、化粧水などで保湿するよう心がけましょう。

 

赤ニキビに発展したら早期治療を!

生活習慣やスキンケアに気をつけてみても、鼻の下ニキビができてしまうこともあるかと思います。もしニキビが赤くなってきた場合、ニキビ部分が炎症を起こしています。

「ニキビはすぐに治る」と、甘く見ているとニキビ跡が残ってしまうことも。跡を残さないためにも早期治療が必要です。

気になる鼻の下ニキビができてしまった場合、早めに皮膚科を受診しましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ