妊娠中の肌荒れはなぜ起きる?!女性ホルモンと肌の関係とは?

妊娠中のマイナートラブルのひとつ、肌荒。その原因と対策とは?

rf29

女性の体は妊娠した瞬間から、ホルモンの働き等により大きく変化していきます。
「妊娠した!」という喜びの一方、妊娠時の不調である、つわり、腰痛、便秘、肌荒など、不快な「マイナートラブル」に悩まされる方も多いはず。

その中でも肌荒は見た目に影響する部分。鏡を見て憂鬱になってしまうこともありますよね。

ここでは妊娠するとなぜ肌荒が起こるのか、どのように改善すれば良いのか、その原因と対策についてみていきます。

 

妊娠が原因?スキンケアは変えていないのにニキビが・・・

「まだ妊娠は発覚していないけどもしかして・・・」という妊娠超初期の可能性がある方、以下のような症状はありませんか?
妊娠の可能性をはかるひとつの判断材料になるかもしれません。

また、妊娠が確認できた、という妊娠初期のママさんも原因と対策を知るために以下を確認してみましょう。

<妊娠中の肌荒れ症状>

・かゆみ
・乾燥
・ニキビ
・シミ

一般的に「肌トラブル」と言われるほとんどの症状が現れる可能性があることがわかります。

ではなぜ妊娠すると肌荒れを起こしやすいのでしょうか。

 

妊娠中の肌荒れはなぜ起こる?複雑に絡み合うその原因

 

「最近いつもの化粧品が肌に合わない」、「急にニキビが増えた」という方の中には、「どうして?」と疑問に思っている方も多いかと思います。

 

妊娠中の肌荒れにはいくつもの原因が複雑に絡み合っているため、なかなか原因が特定しづらいかもしれません。

原因を知っておくことで、少しでも肌荒れ対策に役立てたいですね。

 

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中の肌荒れに大きく影響している原因として、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増加することによる、ホルモンバランスの乱れがあげられます。

プロゲステロンは女性ホルモンのひとつで、子宮内膜の維持や乳腺を発達させる働きがあり、妊娠中には欠かせない重要な役割をしています。
ですが、プロゲステロンが増加することによって、皮脂の分泌が増加する働きがあるため、肌トラブル、特に角栓やニキビができやすい肌質をつくってしまうのです。
また、プロゲステロンには色素細胞を刺激する作用もあり、妊娠中はシミをつくりやすい肌環境となります。

 

栄養・水分不足

妊娠中は血液循環量を増やすため、たくさんの水分が必要となります。また、つわり・頻尿等により水分・栄養が外に出てしまい、水分不足・栄養不足を引き起こすことも考えられます。

体が水分不足を起こすと、その影響は肌にもおよびます。

ホルモンバランスの乱れにより、肌質が「脂っこくなってきたな・・・」という場合、一見水分は十分に足りていると思われがちですが、そうではありません。
肌は水分が不足すると乾燥し、皮脂の分泌を増やそうとするため「皮脂量が増えた結果ニキビができやすくなってしまう。」ということも考えられるのです。

 

便秘

ホルモンバランスの乱れや水分不足を起こすことで、妊娠中には便秘で悩む人も多いかと思います。

妊娠中に便秘になる原因としては、プロゲステロンが消化器官の活動を低下させる働きがあることがあげられます。
胃腸の働きが悪くなると、消化器官では分解できなかった老廃物が肌に排出されることにより、ニキビができやすくなります。

 

少しでも気分良く妊娠生活を送るために、今日から始める肌荒れ対策!

憂鬱な肌荒れ、少しでも改善して気分良く出産にのぞみたいですよね!
では妊娠中の肌荒れ、どんなことに気をつければ改善されるのでしょうか。

rf30

<食生活の見直し>
妊娠中は赤ちゃんのためにも栄養バランスの整った食生活を送りたいもの。とはいえ「食べつわり」等により暴飲暴食してしまうという方もいるかもしれません。ですが、脂質の多い食べ物ばかり食べてしまったり、過食を繰り返すことで胃腸に負担をかけ、その結果肌荒れを引き起こしてしまうということもあります。

「妊婦だから・・・」と、量だけたくさん食べるのはやめて、バランスの取れた食事で肌荒れ予防しながら、赤ちゃんも栄養が豊富に採れるといいですね。

肌荒れ症状が主にニキビである場合、ビタミンを含む食材を多く摂ることで改善される可能性があります。

<ストレスをためない>
肌荒れだけでもこれだけの原因があり、他のマイナートラブルとの関わりがあることがわかりました。

妊娠中にはたくさんの体の不調が起こります。それだけでなく、ホルモンバランスにより自律神経が乱れることにより、ストレスもたまりやすい状況となります。

自律神経が乱れることにより、更にホルモンバランスが乱れ悪循環に陥ることも。

体の不調を起こした場合、また、イライラ等の心のバランスを崩した場合も、ひとりで抱え込まず、周囲の人や病院で相談したり、適度な運動やリラックス効果のあることを探すなど、ストレス発散を積極的に行いましょう。

<スキンケアの見直し>
ホルモンバランスに水分不足、お肌の状態は普段と異なっています。いつもの化粧品が合わないという場合も出てきて当然。

妊娠中のスキンケアでは以下のことに気をつけてみましょう。

・ゴシゴシ洗顔はやめて優しく短時間の洗顔を。
・いつもの化粧水がしみる場合には保湿効果の高い化粧品に変える等の対策も。
・メイクは必要最低限に。
・紫外線対策を万全に。
妊娠中に限らないことですが、水分補給、睡眠を十分にとる等、生活の中で簡単に改善できることは他にもあります。
マイナートラブルで落ち込むことなく、少しでもスッキリした気持ちで妊婦生活をおくり出産にのぞみたいですね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ