あせもが出来るのを予防しましょう!夏のトラブル解決法

あせもの悩み、夏場のトラブルを改善しましょう!

汗をかく子供

夏場の汗かきベタベタ肌。なんとなく痒みが出て、よくみると赤く湿疹が広がっていた…。

という「あせも」ですが、暑い時期になるとでてしまう方が多いです。

けれど汗をかきやすかったり、肌がデリケートで季節に関係なく悩んでいる方もいらっしゃいます。

そんな「あせも」を解消するために詳しく調べました。

 

汗が出るメカニズムと、あせもの関係

 

人は暑さを感じると体温を下げる為に汗をかきます。肌の中の組織、汗管から汗が出てきます。

汗管は子供も大人もおよそ変わらない数が身体中にあります。

乳児や子供の「あせも」が多いのは表面積の小さな身体に大人と同じ数だけがあるために、汗によるトラブルもおきやすいのです。

汗によりできることから汗疹(あせも)と呼ばれています。

 

大量の汗が肌の中にあふれ出し、水ぶくれや小さい粒状に広がってしまう特徴がありますが、「あせも」にもいくつか種類があります。

よくある赤いプツプツが出来るものが「紅色汗疹」といい強いかゆみやチクチクした刺激を感じることもあります。

もう一つの「水晶様汗疹」といわれる「あせも」は比較的症状も軽く、白いプツプツが肌の浅い所に出来てかゆみなどが出ないため気がつかないことも多いです。

また亜熱帯などでは「深在性汗疹」といわれる種類もありますが、日本では気候が違いあまりみられません。

 

 

あせもはどこに出来やすいの?それは内側の肌です

 

「あせも」はおもに皮膚のやわらかい首やひじの内側、脚の付け根、膝の裏側などに出来やすく、帽子などをかぶる方は頭や額にもできます。

さらにはベルトで締め付けるお腹まわりにもできてしまうこともあるのです。

おもに夏にできるのは温度が高いためですが、季節に関係なく運動により大量の汗をかいたり、体調を崩して熱をだし汗をかいた時にもできることがあります。

ですから、汗をかいたあとのスキンケアがとても重要です。

 

 

汗対策を万全にしよう!徹底的にスキンケアを!

タオルで汗拭き

汗をかいたらシャワーなどで洗い流すのが一番よいのですが、外出先などでは難しいでしょう。

汗を肌にとどめておくことが「あせも」の原因となりますからこまめにタオルでおさえるようにしましょう。

身に着ける衣類も工夫が必要です。

通気性や吸湿性の良いもので綿や麻の製品は夏場にはお勧めです。

仕事や運動でよく汗をかくときはTシャツなど肌着を着替えるようにして、汗をとどめておかないようにすることで軽減できます。

 

普段から入浴後には身体もボディクリームなどで保湿して強い肌をつくることも「あせも」などの皮膚疾患の予防になります。

ぜひ取り入れましょう!

 

広がった「あせも」はかゆみがあり、つい掻いてしまい跡が残ってしまったり、化膿してしまい炎症を起こすと、とびひ(伝染性膿痂疹)と言われる皮膚疾患になることも多いので注意が必要です。

それぞれの種類によっての治療を適切にすることが重要です。

 

 

効果的な治療は?かゆみを止めるため出来ること

 

比較的症状が軽いとされる白いプツプツができる「水晶様汗疹」は汗のケアに気をつけることで自然と治りやすいようです。

患部を清潔にし、汗を溜めないようさせることが一番だといえるでしょう。

 

「紅色汗疹」はかゆみがひどくなって、掻いてしまいさらに悪化させてしまいます。

専門医の処方による抗炎症剤やステロイド剤を使用することが望ましいでしょう。

薬局でも購入できますが、ステロイド剤は薬剤師の相談をもとに使用したほうがよいでしょう。間違った使用は肌への負担になりますので注意しましょう。

 

現在では空調も整い生活の中での温度管理も可能ですが、年々の気候変化による猛暑などで肌のトラブルも増えてしまいがちです。

もともとの肌のバリア機能を有効に活用できるように睡眠やストレス予防をこころがけ「あせも」にならない日々をすごしましょう!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ