首のかゆみの原因は?アトピー性皮膚炎やじんましん、乾燥について調べてみた

首のかゆみ気になりませんか?

首がかゆい

急に我慢できないかゆみが出てかいてしまう、何のきっかけかも気づかずに赤くなっていたという首の症状、経験ありませんか?

首は衣類からすぐ出ているため、視線が向きやすい部位ともいえます。

洋服などで隠れていないことから、原因として考えられることはたくさんあります。

 

アトピー性皮膚炎とアレルギー。原因や対処法は?

 

かゆみがでる、湿疹がでるなどはアレルギー反応によるものかもしれません。

とくに免疫機能が下がっているときなどは異物が入っても防ぐバリア機能が正常に働いてくれません。それが皮膚のトラブルを起こしているのです。

 

アレルギーのきっかけの元になるといわれるのが花粉や金属、食物などあげられます。

その症状が最初に出やすい部位が首や顔だといわれています。

 

体質的にアレルギーがある人は皮膚のトラブルが多く、アトピー性皮膚炎やアレルギー皮膚炎と診断されることが多いです。

 

アトピー性皮膚炎は子供の頃に診断されることがほとんどですが、近年は大人になってから発症してその症状に悩まされる方も増えています。

もともとのアレルギー体質がストレスや免疫低下や肌の乾燥がきっかけで現れるといわれていますが、はっきりとした原因が解っていない、根本的な治癒は難しいといわれている皮膚炎の1つです。

 

かゆみが強いときは抗炎症剤、カサつく肌には保湿剤などの対処療法が必要になり、専門医にかかることが症状をおさえる早期解決法といえます。

 

上手にストレスを解消して溜めない工夫や睡眠不足に気をつけ、生活リズムを整えるなどで悪化させないようにすることはできるでしょう。

 

 

乾燥肌が首のかゆみを起こす原因

 

首は衣服などで保護するのも暑い季節にはとてもむずかしく、普段から露出している部位なので乾燥などの影響を受けやすいといえます。

またお手入れも顔などに比べて、忘れがちです。暑い時期などは汗などもかきますから、なおさらさっぱりしたい部位だからです。

 

しかし、乾燥が原因でかゆみが起こりやすい、衣類などの肌に合わない化学繊維のチクチクした刺激でかゆみが出てしまい、掻くことでさらに赤みやかゆみなどに繋がってしまうことも多くあります。

特に乾燥する寒くなる時期にはその影響を受けやすくなります。

ですから、その前に首も保湿ケアーで肌を乾燥させない対策をしておくことで、予防になります。

さっぱりとしたタイプで保湿できるリキットクリームなどが良いでしょう。

 

 

金属アレルギーの特徴。金属の種類と治療法

金属アレルギー

アクセサリーなどの金属でおきる金属アレルギーが増えています。

ネックレスでおしゃれを楽しむ、コーディネートする方も増えて、ニッケルなどのメッキ金属の成分が肌に溶けだし刺激を与える、かぶれやかゆみが金属アレルギーです。

金属アレルギーはそのアレルギー反応が1度出てしまうと拒絶反応としてそれらに触れると繰り返し出てしまう、強いかゆみと小さい湿疹が広がる特徴があります。

 

悪化することも多く、セルフケアで治すのが難しいため、ステロイド剤で治療しなければ治らない症状になります。

またそれらを肌に触れないようにするしか解決方法がないのです。

そのような症状が出る方はアクセサリーも自分に合わない金属の種類を知りおしゃれしましょう。

 

 

突発的なじんましんは病院へ

 

そのほかに突発的にでる湿疹にはじんましんがあります。

体内にその異物が触れた、食べたなどで急に出るのがじんましんです。

首はもちろん全身に広がる症状で、普段感じない違和感があり、重い場合は喉のつかえや目の充血など肌のかゆみと同時にでることもあるのでその時はためらわず病院に行くことです。

ショック状態になることもあるこわい症状だと覚えておいてください。

 

 

 

首にでるかゆみはさまざまな原因があり、自分がどの症状にあてはまるのかを、まず知ることが大事です。

それを知ったうえで日頃から気をつけて生活することで徐々にトラブル減らすことにつながります。

良い肌のため参考にしてください。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ